2010年05月24日

六甲山に初夏の訪れ クリンソウが見ごろ(産経新聞)

 六甲山高山植物園(神戸市灘区)で、「クリンソウ」が見ごろを迎え、さわやかな新緑の中に、濃淡ピンクの“絨毯(じゅうたん)”を描いている。

 クリンソウは山あいの湿地に群生するサクラソウ科の多年草。一本の茎に輪状に複数の花を次々とつけていくことから、寺社の塔の九輪になぞらえて命名されたという。

 同園では、300平方メートルに約5千株が群生。今年は例年より一週間ほど開花が遅く、6月上旬まで楽しめるという。

 友人と4人で訪れた同市垂水区の主婦、都賀由記子さん(60)は「初夏の空気を感じながら、お花を楽しむことができました」と話していた。

【関連記事】
六甲高山植物園でミズバショウ見ごろ
六甲山がミュージアムに 大自然と現代美術味わって
阪急沿線のジオラマ…開業100周年、本社1階に
夜景も自然も堪能 六甲山に新展望台「六甲ガーデンテラス」
「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ
中国が優等生路線に?

介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ−長妻厚労相が法改正検討(医療介護CBニュース)
アレルギー対策基本法案を提出―公明党(医療介護CBニュース)
元社長側が無罪主張 NOVA控訴審初公判 大阪高裁(産経新聞)
会社に行くのが嫌になった……どうすればいいでしょうか?(Business Media 誠)
手の震えで密輸発覚…覚せい剤飲み込んだ男逮捕(産経新聞)
posted by ワカサ ノブオ at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

<三社祭>「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)

 東京・下町の初夏を彩る浅草神社(台東区)の三社祭が16日、最終日を迎えた。早朝に3基の本社神輿(みこし)が神社を出発する「宮出し」があり、祭りは最高潮に達した。

 氏子たちの一本締めを合図に宮出しが始まり「ソイヤ、ソイヤ」の掛け声で神輿が大きく上下に揺らされると、砂ぼこりが上がった。境内を出た神輿は浅草の街中を練り歩き、終日、おはやしや掛け声が響いた。

 三社祭は、一部の担ぎ手が神輿の上に乗って暴れるなどのトラブルから、08年に宮出しなどが中止され、マナー徹底のうえで09年に再開した。【山田奈緒】

【関連ニュース】
毎日起業家新聞:3Dで三社祭中継−−アミューズと日本BS放送
東京・浅草の三社祭:3Dで生放送 BS11、16日午前5時から

囲碁 羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局(毎日新聞)
子ども手当申請書に本来不要な年金番号記入欄(読売新聞)
東京・多摩地区3市でコンビニ強盗 同一犯か(産経新聞)
<バラ>甘い香り満開 名古屋・鶴舞公園(毎日新聞)
わいせつ行為撮影し販売=DVD所持容疑で調理師逮捕−警視庁(時事通信)
posted by ワカサ ノブオ at 17:56| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

<京都地裁>裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?(毎日新聞)

 点滴に水を混入し娘3人を死傷させたとして傷害致死と傷害の罪に問われた岐阜県関市、主婦、高木香織被告(37)の裁判員裁判の選任手続きが10日、京都地裁であった。地裁が呼び出し状を送付した101人の59%が仕事への支障や介護・育児を理由に裁判員の辞退を認められた。これまで同地裁であった裁判員裁判6件の平均より17ポイントも高く、9日間に及ぶ長期裁判が影響した可能性がある。

 京都地裁は今回、候補者135人を抽出し、裁判員を務めることができないと判断した高齢者や学生ら34人を除いて呼び出し状を送付。同封した質問票への回答から、仕事への著しい障害15人▽介護や育児13人▽重い疾病7人−−などを理由に計48人の事前辞退を認めた。さらにこの日出頭した46人のうち13人が辞退を申し出。仕事への支障(8人)などで12人の辞退が認められた。

 過去6件(3〜4日間)の合計では、呼び出し状を受けた441人のうち辞退が認められたのは42%に当たる184人だった。【古屋敷尚子、熊谷豪】

【関連ニュース】
裁判員制度:「審理に入るまでに時間」最高裁長官が懸念
わかる:「公正」か「保護」か 県警が避けた「裁判員」地検が覆し起訴 性犯罪の審理
裁判員裁判:初年度実施状況 「公判前整理」長期化 殺人の量刑、幅広く
裁判員制度:「参加」微増の62%に−−最高裁意識調査
ニュースがわかる:裁判員制度

大阪府立高教頭に大麻譲渡、容疑の無職女を逮捕(産経新聞)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ(産経新聞)
香る「花の寺」 約2万株のツツジが満開 京都府宇治市・三室戸寺(産経新聞)
<訃報>藤井秀樹さん75歳=写真家(毎日新聞)
posted by ワカサ ノブオ at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。